"英語"(9件)

[S1-EP13]Just...Don't be a prat.

2010/01/10
 シリーズ1エピソード13『Le Morte d’Arthur(アーサーの死)/偉大なる魔術師』。

マーリンが自らの命と引き換えに母フニスの命を救おうと、ニムエに再び会いに行く決意を固めた時、アーサーに別れの挨拶をするシーンで、日本語吹替えに「そうくるか・・・?」と思った台詞が。

マーリンがニムエと対峙して持ち帰ってきた<生命の杯>からの水を飲んで一命を取り留めたアーサー。ぜ~んぶ「ガイウスのおかげ」なんて思っていて、マーリンとしては報われないのですが、ここは病み上がり王子、いつもに増して天然さんなんだとちょっと大目にみてあげましょう(笑)

で、「お前は時々オレサマがナニサマか忘れてないか?」とジャイアンなことをアーサーが言ったあとから、ちょっと原語の台詞とNHKBS2の翻訳をピックアップ。
※脚本はBBCの脚本家、翻訳はNHKの翻訳担当者に帰属します。

M: Oh, I know who you are.
マ: いいえ、分かっています。

A: Good.
ア: それは良かった。

M: You're a prat.
   And royal one.
マ: 大バカです。
   高貴な愚か者。


M: Promise me this. If you get another servant, don't get a bootlicker.
マ:   ~略~      新しい従者におべっか使いは雇わないでください。

A: If this is you trying to leave your job....
ア: 従者をやめるつもりなのか?

M: No. I'm happy to be your servant till the day I die.
マ: いいえ。死ぬまでは喜んであなたに仕えます。

A: Sometimes I think I know you, Merlin. Other times...
ア: お前という男が分からんよ。不思議なやつだ。

M: Well, I know you. And you're a great worrior. One day you will be a great king.
マ: 僕にはあなたが分かる。並ぶ者なき戦士で、やがては 偉大な王となる。

A: That's very kind of you.
ア: えらくもちあげるなぁ。

M: But you must learn  to listen as  you fight.
マ: でも 人の話もきいてください

A: Any other pointers?
ア: 他になにかあるか

M: No. That's it.
     Just... don't be a prat.
マ: いいえ、それだけです。
   決して傲慢にだけはならないで。


最後の“Just...don't be a prat"のpratを、「傲慢」とまでは思っていなかったので、日本語訳を目にした時にちょっとびっくりしたのでした。

“prat"の意味は、
prat=(UK英語の俗語)ばか者、愚か者、あほ、間抜け(alc)
英英で引くと<a stupid person>(Oxford)

アーサーの欠点は鼻高々になりすぎることなので、日本語として「傲慢」を当てはめると、まぁある意味更に分かりやすくはなりますね。

ただ、なんとなく自分ではここまで飛躍した補い方はしていなかったので、pratはpratでいいじゃん?と思ってしまったり(^^;
「傲慢」と出るとarroganceが出てきてしまってなんか違和感がふよふよと・・・。
もちろん、アーサーの欠点その2はtoo much arrogance even though he is a royal.なのでおかしくはないのですけれど。

鳩が豆鉄砲を食らったような顔のアーサーはなかなか目の保養でしたけど、ちょっとこのpratの扱いがものすご~く喉元に引っかかっているalexでした。

ちょいとくだらないかもしれない直訳にお付き合いくださる方は続きへどうぞ。

続きを読む "[S1-EP13]Just...Don't be a prat." »

うわっ!Kindle DX(キンドル デラックス)が国際対応した?!

2010/01/06
 大画面のKindle DX。Kindleが国際化してもUS内だけだったのに、Kindle解禁から3ヶ月遅れくらいでDXも国際化解禁されちゃいましたよっ?!


高っ!sweat01送料、関税、カバーなど諸々入れると5万円いきますね~。
デカいけど・・・・家読み用だなぁ、この大きさじゃ[E:coldsweats02] 通勤電車で~なんてポータブルには向かなさそうですね[E:sweat01] 日本仕様じゃないので当たり前と言えば当たり前か(苦笑)

ただ、こっちの方がメモリ量が多いので、Kindleにひたすら詰め込みたければ悪くないかもしれません。
私は通勤のお供にしているので、普通の大きさで十分です。まだ老眼じゃないからみづらくないし~(笑)


DXの国際化よりなにより、もっとKindle対応本を増やしてくれっ!

英語の勉強方法/聞き取り方法は?

2010/01/02
『MERLIN/魔術師マーリン』からBradley Jamesにハマられたというお仲間さんから質問を頂きました。お名前を出してもよいか分からなかったので、とりあえずお名前は伏せておきますね。

英語が好きで勉強しようと思っておられたところ、マーリン&Bradleyに出会って今年の目標は「英語」に決定されたとか。

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、好きなものから入ると英語の勉強も苦にならず楽しいですよね[E:happy01]

で、「今は英語で聞くとゆっくりなところしか聞き取れないので、もっともっと聞き取れるようになりたい!どのように勉強されてますか?」とのこと。

長くなるので続きに書きますね。

ここに書くことは、あくまでも個人的な経験に基づいたものであって、何かのメソッドや通信教育などで知った方法ではありません。
私は海外留学や駅前留学、英会話教室に通ったことが全くありません。全部独学です(^^;
この方法で誰もが英語力UP確実だとは思いませんし、何より学問に王道ナシ。
ほんの1日2日でリスニング力がUPするなら日本は今頃ものすごい大国になってますよ(今でも先進国ですけどね・苦笑)

独学には限界があるのでいつかきちんと学びたいとは思っていますが、1年でTOEICのスコアが100以上UPした実績はあるので、とりあえず興味のある方はどうぞ、と。
TOEICはまだBクラスなので大したことないんですけど[E:sweat01]


続きを読む "英語の勉強方法/聞き取り方法は?" »

『魔術師マーリン』和訳文庫本3冊と、洋書ハードカバー『The Dragon's Call』

2009/12/27
 昨日発売の『魔術師マーリンIII ニムエの徴』を1冊だけ近所のTSUTAYAで見かけたので、とりあえず買っておくかとget。
ニムエはあんまりお気に入りじゃないんですけど。
これで和訳3冊が全部揃いました。そして原書ハードカバー『The Dragon's Call』も到着。
 20091227_921652
原書はこれから読むところ。行間も開いていて、かなり読みやすそう。ストーリーが頭に入ってるのでたぶん1日とかからずに読めるでしょうね、これなら。
 20091227_921653

本当は、本心を言えば現物ではなくて↓これで読みたかったのです。
 20091227_921654
↑スリープモードにするといろんな有名作家の写真が出てきます。

米書ならかなりの数がDLできるんですが(でもBarnes&Noblesには及ばない)・・・
悲しくも『MERLIN』は英国発の物語ですので、どう頑張ってもしばらくはKindleには出なさそうです。

ただ今のKindle readingは『The Picture of Dorian Gray』。ベン・バーンズ&コリン・ファース共演の『Dorian Gray』UK版DVDが来月には発売になるので、とりあえず原書で予習でもするかとグーテンベルクから落としてきました。既に著作権切れなのでfreeです。(映画タイアップ版持ってるけど)
 20091227_921657
電子インクのKindleは、光の反射で文字が消えることがないのでとっても読みやすいです。
英英辞書や読み上げ機能も搭載していて、英語学習者にはとっても嬉しいアイテム☆

Amazonお勧めのKindleカバーはぶっさいくだったので、大好きなBlueで縦開きのものにしました。このカバーはブックスタンド代わりにもなるのでとっても便利なのです。
 20091227_921658

ちなみにKindle君はとっても薄くて軽いので、通勤のお供に連れまわしても全く負担になりません。
 20091227_921659

次はディスプレイの保護シートを買わなきゃ。


ちょっと円安になってしまったので、お得感が少しばかり薄れてますが、本棚を圧迫することと、どうしても高くなってしまう洋書をしこたま買い込むことを考えたら、Kindleにしても十分元は取れます。
日本国内にいてワイヤレス通信でDLすると毎回約$2ほどチャージされますが、DLしたコンテンツはPCからUSB経由でKindle君に移せるので、そうすると通信費は全くかかりません。

米Amazonでしか買えないので、英語が全くダメな方にはお勧めできず。
価格が高いことと電子機器という要素もあり、UPSで輸送されてきます。UPSはめちゃくちゃ早くて、アラスカのアンカレッジから飛び出たKindleは翌日には日本に来てます。既に関税は前払いでチャージされてますから、あとは茶色のUPSカーか、提携しているクロネコヤマトが運んでくるのを待つだけです。ただし、茶色のUPSは週末は配送してくれないので要注意。

更に、UPSは再配達が2回までで、どちらも受け取れないと1週間取り置きしたあとさっさと返送されてしまいます。再配達の依頼は平日18時まで(コスト削減しすぎだっつーの)
夜間または土日祝の配達はクロネコに引き継いでくれるものの、UPS→クロネコに1日かかるので、手元に来るまでちょいと時間がかかります。
なので、月曜日あたりに頼んで水曜日か木曜日に日本に着き、週末クロネコに再配達してもらう、なんてのが理想的なパターンかも。

英語NGな人がKindleに手を出すとは全く思いませんが、万が一不具合なんぞあった時には、カスタマーセンターと英語でガチンコですので、挑戦する方はくれぐれもその辺りを踏まえたうえでどうぞ。
私はもう、Amazonとのガチンコは慣れちゃってますので何も気にせず頼みました。英米独のAmazonと伊達に長年のお付き合いはしてませんw

話は戻って・・・

文庫本の和訳『ニムエの徴』ですが、本編に忠実+補足があっていい感じでした。
なんでガイウスは貯水池にさくっと向かえたんだ?とちょっと謎に思っていたので、映像に出ていなかったその辺りが小説ではしっかり語られていて、納得!しました。

実は原書はこのエピソード3、『The Mark of Nimueh』までしか出ていません(汗)
[訂正 12/28]
エピソード4の「The Poisoned Chalice」まで原作出ています。

2010年4月あたりにユニコーンの呪いなどが原書でも出るんですが・・
ってことは、和訳も4話で打ち止めなんですかね。元がないのに訳せませんよね。。。

世の中、25日で仕事納めの方もかなり多いみたいで羨ましいったらありゃしない(T0T)
うちは株式市場が開いてる限りは仕事なので、今年も悲しく大納会の12/30までお仕事です(号泣) そんでもって仕事始めは大発会の1/4。
おいおい、なんでこんなカレンダーなんだよ、この年末年始はっ!休みが少ないじゃないか(怒)






[携帯用]

魔術師マーリンI 運命の出会い (角川文庫)


魔術師マーリン II 勇気ある者 (角川文庫)


魔術師マーリン III ニムエの徴

JUGEMテーマ:†魔術師MERLIN†

S2日本版DVD-BOX-I

シリーズ1-5コンプリートUK版DVD-BOX

シリーズ2日本版DVD-BOX:2011/10/07、2011/11/04発売!

Profile

H.N:alex

UK俳優が主に好き。1人にハマると、出演作品でまた気になる俳優が出てきて芋づる式にどんどん、どんどんお気に入りが増えることに。Sean Bean, Daniel Craig, Ben Barnes, Colin Firthなど。USよりUKが断然好き。詳しくは→こちら

ブログ内で和訳を載せている記事がありますが、本職ではありませんので精度の保障はありません。あらかじめご了承の上でご覧ください。
尚、管理人はコリン・モーガン、ブラッドリー・ジェームズ共に好きですが、比重が大きいのはブログタイトルにあるとおりですので、とにかく「自分はコリンだけ」と言わずにいられない方は場所を変えてどうぞ。

コメントルール

【重要】このブログでは「英語勉強の為に、YoutubeからDLしてiPod他に入れています」など、日本の著作権法に抵触する恐れのあるコメント書き込みは削除させていただきます(詳細はこちら)

マーリン2012年 公式カレンダー

マーリン シリーズ3 UK版DVD-BOX


PCで再生可能(TVで観るにはPAL対応機必須)。日本語字幕がないので英字幕だけでOKな方、待ちきれない方にはお手頃価格のUK版がお勧め☆ ※個人輸入は自己責任にてどうぞ。

海外版DVDの注意事項

S2-EP3,EP4,EP13 S3-EP1原書



UK版DVD-BOX/PAL対応機

PCで再生可能(TVで観るにはPAL対応機必須)。日本語字幕がないので英字幕だけでOKな方、待ちきれない方にはお手頃価格のUK版がお勧め☆ ※個人輸入は自己責任にてどうぞ。

海外版DVDの注意事項

★UK版DVDの特典詳細:S1S2-1


UK版のDVDは日本国内用DVDプレーヤーでは再生できませんが、PAL/NTSC対応機であれば問題なく再生できます。大画面で鑑賞したい方にお勧め!(購入の際はご自身でしっかり確認してください)

日本版DVD-BOX



DISCLAIMER

Bradley James Japan is a fansite for fans by fans. Everything on this site unless stated otherwise was made by me. All photos are c by their respective owner, studio and author. None of them belong to us. I dont intend to steal someone's work or infringe any copyrights. If you are the studio or photographer that truly owns any of the images posted here and want them removed, please contact us and we will remove them.

当サイトに掲載させていただいているコンテンツについては、権利者の方から削除の要請があった場合、速やかに削除させていただきます。プロフィール記事内のメールアドレス宛にご連絡ください。当サイトでの著作物の使用によって権利者に損害を発生させる意図は一切ございません。